無計画上京物語〜鱒寿司〜②

d0356209_00373279.jpg
d0356209_00380386.jpg
d0356209_00390991.jpg
d0356209_00394063.jpg
d0356209_00400975.jpg
d0356209_00405131.jpg




隠すこともないと思うので言いますと、私が働いていたのは、富山の鱒寿司屋さん、『吉田屋』です。ここの鱒寿司は、マスが違う、ご飯のふっくらさが違う、酢加減の絶妙さ、ひとつひとつ機械とかではなく手作りで心を込めて作っているので、本当にびっくりするくらい美味しいです。作り手に回ると、案外杜撰だったりしてガッカリすることもありますが、このお店はシンプルに丁寧に、職人気質で作っていて、本物でした。

自分で選んだ道ながら、心細くなっていた私を、いつも温かく迎えてくれたお店です。

当時作ったキャラクターも掘り起こしてきました。



d0356209_00460316.jpg



懐かしい思い出に、心がじんわりとしています。つづく。


by iaram_no_w_9i | 2017-06-19 00:51 | エッセイ | Comments(0)