無計画上京物語〜霧の中で絵本を描く〜

d0356209_14564285.jpg
d0356209_14574252.jpg
d0356209_14581868.jpg
d0356209_14582273.jpg
d0356209_14582581.jpg


まだ上京していないっていう。笑 たぶんもうちょっと富山にいる時のお話になります。

こうやって自分を見返すと、本当に不器用というか、バカ正直というか、もう少し上手に生きてもいいのに。そもそも大学辞めなくていいのに。笑 変な奴ですが、でも一つ言えるのは案外後悔していないんです。大学は辞めなくていいです。笑 ただひとつ言えるのは、どのような行動起こしても、後悔しないように頑張ればいいと思う。

あの時期は本当に、なんにも前が見えなくて、自分のしていることにも自信が持てず、でも頑張るしかないと、ストレスフルでへたくそな生き方でした。絵にもある意味集中できていなかったのではないか。あの経験があってから、ぐちゃぐちゃねちゃねちゃ考えるより、とにかく手を動かすことを覚えることができたと思います。その中で、上達していけばいいから。


あとは、あいつめ...あいつですね。笑 どんなときにも水を差す人間がいるものです。悪気がなくても、あっても。自分が相手にとってそういう人間になりうる可能性もある。すごくすごく、気をつけていきたいことです。人は誰も、その人の生活が覗けないから。その時描いた絵です。


d0356209_15095231.jpg

次のブログには、昔描いた絵本のうちのひとつをあげようと思います。 いつも自己満足でごめんなさい。最近見てくれる方が増えました。ありがとうございます....!!!
 

by iaram_no_w_9i | 2017-06-24 00:08 | エッセイ | Comments(0)