無計画上京物語〜女の巣窟〜③

d0356209_23281687.jpg
d0356209_23281920.jpg
d0356209_23500065.jpg

d0356209_23282332.jpg


ただでさえ四六時中一緒にいるのに、一緒に飲みに行ったりもする仲でしたから、十分に生活を謳歌していたんだなあと今になって思います。飲んでヨレヨレとまた、みんなで同じ家に帰るのもなかなか楽しいものでした。それに当時作っていたパラパラ漫画をみんなが見てくれて、それぞれが意見を言ってくれたりだとか、ありがたいやら嬉しいやら、ちょっと涙ぐむほど心強かったです。

比較的人に恵まれ、本当に嫌な人がいなかったことが良かった。もちろん喧嘩する人もいましたが、周りもわざわざ火を注がずそっとしておいて、そしていつのまにか収まって、距離感をちゃんと保ってそれぞれが生活に戻っていく様子は、生活の知恵〜!と思ったもの。共同生活は、適度な距離感も大切だと悟りました。

私はなんだかんだ気を使ってしまいがちなので、しんどいこともなかったとは言えません。でも、こんなに思い出となって残っているから、やって悪いことは全くなかったなあ、経験っていろいろしていくべきものだなあと思うのです。。

by iaram_no_w_9i | 2017-07-10 23:42 | エッセイ | Comments(0)