無職になったはなし

d0356209_13142704.jpg
d0356209_13143009.jpg
d0356209_13164755.jpg
d0356209_13165258.jpg

d0356209_13150541.jpg


体調も回復して、余裕もできて、それではこれからどうする?となった時、自分の夢や希望、無限に広がる可能性と一緒に、不安がたくさん押し寄せてきます。生きるためにはどうしてもお金がいる、それなのに無職になった途端にかかる税金とか半端じゃないですからね...現実的な話ですが。

私は散財するタイプではないけれど、デザイン会社ではお給料も少なかったし、疲れを癒すために使うお金も多かったです。今読んでいる本にも書いてあったんですが、生きるため、お金得るため働いて、ストレスを軽減するためにお金を使っていたら本末転倒ですね。まあでも私の場合その使い道といったら主にお酒とご飯だったので、それは私もともとお金かける方でしたが...

自分がこれからどうしたいかを、考えるまでもなく、私は絵を描いて生きていくつもりだったので、頑張って貯めた500円玉貯金(25万くらいだったかな?)とあと幾ばくかの貯金を、まずは仕事環境に費やしました。これは後々大正解だったと思いました。そしてそれでヘラヘラはしていられないので、イラストのお仕事ができるようになるまでは、まずは派遣のお仕事をすることになりました。つづく。


by iaram_no_w_9i | 2017-10-09 13:32 | エッセイ | Comments(0)