d0356209_20160426.jpg
d0356209_20160896.jpg
d0356209_20161100.jpg
d0356209_20161705.jpg

彼女に会うまでは私も、よく食べるだけで美意識はある方だと思っていたんですよ。でも全然でした。笑
会社を2年間続けられたのは、同年代のキレイちゃんやクリーパーちゃんがいたからだと思います。彼女といっつも深夜愚痴りながら帰ったなー。

by iaram_no_w_9i | 2017-09-27 20:20 | エッセイ | Comments(0)

やりがいVSストレス

d0356209_20490051.jpg
d0356209_23512864.jpg
d0356209_23513533.jpg
d0356209_23514444.jpg



何度も何度も描き直しました。どう書けばいいんだろう。会社の悪口を言いたいわけじゃない。デザイン会社はこれで普通?もっと大変な会社もある?先輩は私よりもっと大変?なんだか当時の気持ちに戻ってしまって、そんなこと考えては筆が止まったけど、そもそもそういう発想がすごく恐ろしい。
でもこの時も先輩や同期も、この生活をちゃんと耐えれているのに、私には根性がないんだ。甘えるな、黙って耐えろ、耐えろ。耐えれるまではその思考回路で仕事をしていました。つづきます。


by iaram_no_w_9i | 2017-09-23 23:56 | エッセイ | Comments(2)

あこがれの先輩のはなし

d0356209_14475718.jpg
d0356209_14482858.jpg
d0356209_14491338.jpg
自分のベストを尽くして、そのベストよりはるかにすごいものがたくさん作られてるのを見ると、どんなにまだアマチュアだからだとしても割と結構凹むものでした。

リス美さんの言葉、「引き算の大切さ」はとても当を得ていて、私は有り余る情熱と膨らむ不安や自信の無さなどを、やたらめったら筆に乗せ、それはもうイラストタッチに似合わないゴリゴリな色塗りをしていました。それを果たしてクライアントは望んでいるのか?
頑張ればそれでいい、わけではもちろんなく、求められているもの、イラストがその場で果たす役割、いろいろ考える良い機会となり、私の仕事をしていく上での大事な礎となりました。
リス美さんは、リスっぽいからリス美さんです。このネーミングセンスなんとかならないかな。また彼女とお酒飲みたいな。


by iaram_no_w_9i | 2017-09-22 23:40 | エッセイ | Comments(0)

d0356209_22254861.jpg

d0356209_22055422.jpg
d0356209_22055854.jpg

クリーパーちゃんとはこのあとカフェでケーキ食べて解散。
私は電車に揺られながら、デザイナー時代の記憶を酔った頭で思い出していました。

デザイン会社は美大卒しか入れないということはないし、デザイン未経験でも、相性と運があれば入れます。こうじゃなきゃだめ、なんて、あまり世の中に縛りはない、自分自身で勝手に作ってしまって諦めてしまっていることも多々あるのだなと思いました。やる気があればなんでもできるじゃないけど、あながち間違っていないと思うんですよね。私はビビリなのですが咄嗟の行動力だけはあります、何も考えず当たって砕けろー的なちょっとおバカな行動力ですが....そういうのも、たまには大事かもしれないです。私は辞めてしまったけど、ここで過ごした2年間は相当に実りのあるものだった。大事な大事な、そして、最高に苦しい2年間でした。

by iaram_no_w_9i | 2017-09-21 22:18 | エッセイ | Comments(0)

d0356209_23262997.jpg

d0356209_23133614.jpg
d0356209_23133928.jpg
イラストが描きたくて入ったデザイン会社、約2年くらい働きました。デザイナーとしては半人前の半人前ですね。クリーパーちゃんはまだ働いています。久しぶりに会った彼女は相変わらずで、半年間も会ってなかった気がしなかった。彼女との思い出、またデザイナー時代のお話をちょこっとずつ描いていけたらと思ってます。

by iaram_no_w_9i | 2017-09-20 23:19 | エッセイ | Comments(0)

煩悩と私

d0356209_16272796.jpg

d0356209_16180859.jpg
d0356209_16201891.jpg
ただ手を動かせばいいのに余計なことを考えて作業が終わらない、なんでできないのかしらと深みにはまり、肝心の作業の進行は危うい。頑張らなくてはという思いがなぜか足を引っ張り、心は重くべちゃべちゃになっていく。私はその過程におきまして、本気で出家を考えましたが、そのお仕事もなんとか終わり、今はハッピーです。苦しいことを乗り越えれば幸せも待ってるね、ロボットじゃなくてよかったな。





by iaram_no_w_9i | 2017-09-19 16:25 | エッセイ | Comments(0)

建前と本音

d0356209_15202694.jpg
d0356209_15203297.jpg

d0356209_18360681.jpg



ただのイタイ女ですが、ひとりの戦い頑張っています。ほんとえげつない仕事に当たってしまったというか、詳しくは言えませんが...もっと自己管理して、力の使い方を自分で操れるようにならないとまずい。仕事があるのは幸せなことだし、精一杯やりたい、その気持ちは忘れたくないけど、ずっとずっと仕事一色で生活していては良いものも作れない、オンオフが簡単にできるスイッチどこかに売ってませんか...でも久しぶりにブログ描いたらなんかすごくスッキリした。
by iaram_no_w_9i | 2017-09-01 15:17 | エッセイ | Comments(0)