夏が苦手

d0356209_00170557.jpg
d0356209_00173689.jpg
d0356209_00180692.jpg
d0356209_07382905.jpg


夏を爽やかに楽しめる人を見ていると嫉妬で溶けそう。健康的な黒い肌には憧れるけど、日焼けすると赤くなりうまく焼けない、どんなにおしゃれしても汗かっきで見るも無残になってしまう。暑いとどんどん憂鬱になって元気もなくなり、今すぐクーラーの下に帰りたくなる。私が夏を嫌いなんじゃない、夏が私を嫌いなんだ。唯一絶対的に幸せなのはビールを飲む事ですね。まあそれだけで全然許しちゃうけど。。ある日我が家に遊びに来た夏女ちゃんが、真冬の部屋だと笑っていたこともあります。

フクロモモンガくんは、暑さに強くないし、直射日光もよくないので気をつけてあげます。快適な環境でスヤスヤ寝ている彼を見て、室内で過ごすのが、何よりも幸せです。

# by iaram_no_w_9i | 2017-08-08 00:27 | エッセイ | Comments(0)

d0356209_22295591.jpg
d0356209_22314807.jpg
d0356209_22302532.jpg
このようなことがありましたが、周りにいろいろ相談に乗ってもらいながらも、特段大きな行動に出たりしなかったし、ただそれで最終的には思ったよりも早くこの会社を辞めてしまいました。スキルアップが一番の目的ではあったけど、確実に期は早まりました。正当な評価もらえないし、飲み会でいつも彼の隣に座らなきゃいけなかったし、何かとボディタッチされるし、もちろん毎朝毎晩の気持ちの悪いメール。限界を迎えましたよね。

おえらいさんに、私が何かきっぱり言えばよかったんでしょうか。私自身にも隙があったからだめだった?いろいろ悩んだし、実際に似たような体験した人に話を聞くと必ず自分も悪いという。言ってしまえば、そのようなタイプの人に、このような事件は起こりやすいのかもしれませんが、だからって起こらない場所もあるわけで、私たちはちゃんと怒っていいと思うんです。

もっと行動に出ても良かったのかな、というのが私の結論です。組合に言うとか、周りの人に、ごまかさないで本当に嫌なのだと伝えるとか。第二の被害者が出ないためにも、このおえらいさんには、ちゃんとダメなことなのだということを分からせた方が良かったのだと。あんまり事を大きくしたくない、自分さえ我慢すればいいと思ってしまったのですが、自分が泣き寝入りすることはなかったと思います。以上。。






# by iaram_no_w_9i | 2017-08-05 22:46 | エッセイ | Comments(0)

ゴーヤを食い道草も食い

d0356209_02053735.jpg
d0356209_02085926.jpg
d0356209_02061182.jpg
d0356209_02062202.jpg
d0356209_02062073.jpg
ゴーヤ、美味しい!ゴーヤ、美味しい!

仕事しよう。



# by iaram_no_w_9i | 2017-08-05 02:12 | ピーバ | Comments(0)

d0356209_19171585.jpg
d0356209_19171930.jpg
d0356209_19172167.jpg

しばらく旅行のお話でしたが、久しぶりに上京物語に戻ってきました。そしてちょっと雲行きのあやしいお話になってしまいました。このお話を書く意味...問題提起というか。。私はこのおえらいさんのことを、今でも嫌いと言うわけではありません。顔はちょっともう二度と見たくないけど、彼は決して悪気がなかったと思うからです。でも、悪気がなければいいというものでもないし、当時は本当にきつかったです。これからまた書いていきますが、他にもいろいろありました。女性で経験したことある人も多いかもしれないし、ちらほら友達からも聞いたりします。こんなことは耐えて当たり前なんでしょうか?どうなんでしょう、世の中の認識は。。ちょっとまだ続くので、そこでまたお話します。

# by iaram_no_w_9i | 2017-08-03 19:27 | エッセイ | Comments(0)

d0356209_22271721.jpg
d0356209_22504967.jpg

d0356209_22281660.jpg
d0356209_22284675.jpg

無人島ぐるぐる歩いて、ようやく旅感が出た日でした。このあとは仙台駅でお土産を買って、あーもう一泊したい、振り出しに戻ってもう一回旅行したいねなんて言い合って、名残惜しく宮城を後にしました。母との旅行、女ふたり旅、とってもとっても充実してて楽しかったし、なんで母の隣にいるというだけで、こうも安心していられるのかなあと思いました。母の前ではいつまでも子供、甘えてばかりなので早く親孝行できるよう、頑張っていきたいです。

# by iaram_no_w_9i | 2017-08-01 22:40 | エッセイ | Comments(0)