会社、辞めたら負け?

d0356209_23092350.jpg
d0356209_23093728.jpg
d0356209_23100897.jpg


d0356209_23103343.jpg
d0356209_01325625.jpg
d0356209_01464233.jpg




会社を辞めることってマイナスのイメージがどうしてもつきまとうけど、自分に合わないと心と身体が判断したなら、むしろその環境から離れることは正解で、始まりだと思います。周りがどう、とか、世間的にはこう、会社はこうとか、考えれば考えるほど疲れてしまって、動けなくなってしまった時もありましたが、自分に合う場所を、自分の力で切り開いていく。自分の人生の舵を自分で取ることが、何よりも大切だと学びました。

そして、やはり身体が資本。ストレスによって身体がひどくおかしくなっているときは、自分がストレスを感じている原因が何かを解き明かすことが大切だと思います。自分の送りたい生活スタイルが、より明確になったし、たくさんのことが気づけた有意義な2年間でした。2年間頑張ったことも、辞めたことも、全く後悔はしていません。しっかり考えた上で、辞める決断をすれば、辞めた後も後悔しない行動をすることができるからです。甘えや逃げの判断は、そこですればいいのではないかと個人的には思っています。


by iaram_no_w_9i | 2017-10-02 18:20 | エッセイ | Comments(0)

器(キャパ)のはなし

d0356209_00241630.jpg

d0356209_00231624.jpg
d0356209_00231926.jpg
d0356209_00232296.jpg

d0356209_00232498.jpg
d0356209_00232651.jpg




デザイン会社を経験して、一番、言いたかったことです。

by iaram_no_w_9i | 2017-10-01 00:25 | エッセイ | Comments(0)

やりがいVSストレス

d0356209_20490051.jpg
d0356209_23512864.jpg
d0356209_23513533.jpg
d0356209_23514444.jpg



何度も何度も描き直しました。どう書けばいいんだろう。会社の悪口を言いたいわけじゃない。デザイン会社はこれで普通?もっと大変な会社もある?先輩は私よりもっと大変?なんだか当時の気持ちに戻ってしまって、そんなこと考えては筆が止まったけど、そもそもそういう発想がすごく恐ろしい。
でもこの時も先輩や同期も、この生活をちゃんと耐えれているのに、私には根性がないんだ。甘えるな、黙って耐えろ、耐えろ。耐えれるまではその思考回路で仕事をしていました。つづきます。


by iaram_no_w_9i | 2017-09-23 23:56 | エッセイ | Comments(2)

あこがれの先輩のはなし

d0356209_14475718.jpg
d0356209_14482858.jpg
d0356209_14491338.jpg
自分のベストを尽くして、そのベストよりはるかにすごいものがたくさん作られてるのを見ると、どんなにまだアマチュアだからだとしても割と結構凹むものでした。

リス美さんの言葉、「引き算の大切さ」はとても当を得ていて、私は有り余る情熱と膨らむ不安や自信の無さなどを、やたらめったら筆に乗せ、それはもうイラストタッチに似合わないゴリゴリな色塗りをしていました。それを果たしてクライアントは望んでいるのか?
頑張ればそれでいい、わけではもちろんなく、求められているもの、イラストがその場で果たす役割、いろいろ考える良い機会となり、私の仕事をしていく上での大事な礎となりました。
リス美さんは、リスっぽいからリス美さんです。このネーミングセンスなんとかならないかな。また彼女とお酒飲みたいな。


by iaram_no_w_9i | 2017-09-22 23:40 | エッセイ | Comments(0)

d0356209_22254861.jpg

d0356209_22055422.jpg
d0356209_22055854.jpg

クリーパーちゃんとはこのあとカフェでケーキ食べて解散。
私は電車に揺られながら、デザイナー時代の記憶を酔った頭で思い出していました。

デザイン会社は美大卒しか入れないということはないし、デザイン未経験でも、相性と運があれば入れます。こうじゃなきゃだめ、なんて、あまり世の中に縛りはない、自分自身で勝手に作ってしまって諦めてしまっていることも多々あるのだなと思いました。やる気があればなんでもできるじゃないけど、あながち間違っていないと思うんですよね。私はビビリなのですが咄嗟の行動力だけはあります、何も考えず当たって砕けろー的なちょっとおバカな行動力ですが....そういうのも、たまには大事かもしれないです。私は辞めてしまったけど、ここで過ごした2年間は相当に実りのあるものだった。大事な大事な、そして、最高に苦しい2年間でした。

by iaram_no_w_9i | 2017-09-21 22:18 | エッセイ | Comments(0)